三重県認可の専門学校 厚生労働大臣指定の養成施設

理学療法学科

理学療法学科

社会人の方へ

学びたい気持ちが、未来を変える。
「伊勢リハ」は、社会人の経験がある学生がたくさん在籍しています。同世代はもちろん幅広い年齢層の仲間と出会い、ともに学ぶことで、人生観も広がっていきます。「学びたい!」「理学療法士になりたい!」という気持ちになった時が、新しいスタート地点。理学療法士を目指すことに年齢制限はありません。あなたの経験を生かしてチャレンジしてみませんか?

社会人比率

サンプル画像
社会人比率(年齢比率)は在学生全体の約40%。さまざまな年齢層の学生が理学療法士を目指して頑張っています。
社会人を経験した後、学びなおすケースは全国的に見ても珍しくはありません。
大切なことは、あなたの「学びたい気持ち」です。

在校生の紹介

大西さん
長いと思っていた「4年制」。じっくり学べると実感しています
大西 成和さん
三重県立津工業高等学校出身
高校まで運動部に所属していたため、よくケガをし、整形外科に行っていました。そこで理学療法士の仕事に憧れたものの、専門学校で何年間も勉強するのは自分には耐えられないだろうと思い、高校卒業後は就職の道を選びました。しかし、実際に働くうちに、自分が一番したい仕事をするべきだと感じ、思い切って入学を決めました。社会人入学生は少ないだろうと思っていましたが、半数近くは社会人入学で、自分と同じような気持ちを抱えていた人もいました。「伊勢リハ」は少人数制なので、先生に質問しやすいのはもちろん、先輩と接する機会も多く、いろいろなアドバイスを受けられるのも魅力です。かつて、「4年間は長い」と思っていましたが、だからこそじっくりと勉強することができ、集中して授業に取り組んでいるため、今は長いと感じることはありません。
野呂さん
社会人入学生が多いので、良い刺激となっています
野呂 憲さん
私立三重高等学校出身
私が理学療法士という仕事を知ったのは、中学生のときです。骨折した祖母のリハビリを見て、「人の役に立つ仕事ってすごい」と感じました。高校卒業後、大学に進学しITについて学んでいましたが、人と関わる仕事、人の役に立つ仕事がしたいと思い、中退。社会人を経て、「伊勢リハ」に入学しました。大学では、全てにおいて良くも悪くも自分次第。学ぶ意思がなければ、何も得られない状態でした。しかし、ここでは少人数制で先生たちとの距離が近いため、わからないことを質問しやすく、丁寧に教えてくださるのでモチベーションも上がります。入学前は現役学生とうまくやっていけるか不安でしたが、実際には社会人入学生も多く、良い刺激を受けながら勉強に励むことができています。

卒業生の紹介

間宮さん
社会人入学は不安も多かったけれど、充実した4年間でした
間宮 直美さん
三重県立宇治山田高等学校出身
市立伊勢総合病院勤務

「伊勢リハ」入学前は、警察犬・家庭犬の訓練士見習いとして働いており、医療とはかけ離れた世界にいました。
退職し、何か資格を取ろうと思ったとき、確実に就職につながる資格、ずっと続けられる職種は何かと考えました。医療系にしぼって調べていたところ、大学に行かなくても国家資格が取れる理学療法士に一番興味を持ちました。周りからも「似合いそう!いい仕事だね!」と勧められました。
正直、勉強から遠ざかっていたので、初めは不安でした。でも、私以外にも社会人入学者がたくさんいて、いろんな環境の人がいるので、自分も頑張ろう!という気持ちになれました。また、おもしろい先生が多く、分かりやすく教えてくれるので、すぐに不安は吹き飛びました。4年制でカリキュラムに余裕があり、車通学できるところもポイントです。
一度、社会人を経験していると、「これから4年間も勉強…」といった不安もありましたが、理学療法士になる!という目標があれば何とかなります!難しい勉強もありますが、興味があることなので楽しく学べますよ。

こちらもご覧ください

伊勢リハQ&A 社会人入試についての質問も掲載しています。