三重県認可の専門学校 厚生労働大臣指定の養成施設

理学療法学科

理学療法学科

理学療法士とは

授業風景
理学療法士って、どんなお仕事?
歩く、立つ、座る、寝返る…私たちは毎日、体を自由に使って動作を繰り返し、生活を送っています。しかし体や精神に障害があったり、病気やケガにより体のどこかが不調になって動作できなくなると、回復のための治療やリハビリテーションが必要となります。理学療法士は、PT(physical therapist フィジカルセラピスト)とも呼ばれているリハビリテーションの専門家。医師の指示のもと看護師、作業療法士、義肢装具士、その他専門家と協力し合い治療をすすめます。

昨日まで歩けなかった人が、自分の力で一歩を踏み出した…。そんな感動を生み出すことも!技術や知識だけでなく、心と心が通うコミュニケーション力も必要です。
国家資格である理学療法士が活躍するフィールドは、病院や施設からプロスポーツ界、研究所など多岐にわたり、子どもからお年寄りまで幅広い層から求められる仕事です。

こんなリハビリをします!

運動療法

動かなくなった関節や筋肉をいろいろな運動で動くようにする治療法。神経、筋肉、関節の動きに関する解剖学的・生理学的・運動学的知識が必要です。

日常生活動作訓練

生活に必要な身の回りの動作(食事・更衣・排泄・入浴等)を訓練。能力障害が残ったとき、基本的動作や日常生活活動を改善するための指導を行います。

温熱治療

患部を温めることにより循環作用を改善し、痛みを抑え新陳代謝を促進します。

電気光線治療

筋肉の萎縮防止や鎮痛作用を目的として低周波・極超短波・超音波等の機器を用いて治療します。また、皮膚を温めたり刺激したりするために赤外線や紫外線を治療に利用します。

水療法

運動療法の補助的意味で行われる治療法。水の中に入ると浮力を受けてからだが軽くなり、手足が動きやすくなることを利用します。

関節可動域テスト

関節の可動域を計測してどのくらい動作できるかを予測。身体の機能回復を目指すリハビリです。

理学療法士と作業療法士の違いって?

授業風景
理学療法士の目的は、基本的動作能力(座る・立つ・歩く等)の回復を目指すもの。作業療法士は、応用的動作能力や社会的適応能力(文字を書く・髪をとかす・着替える等)の増幅が目的。例えば、事故で手首を骨折した場合、まず医師が折れた骨を修復してつなぎ合わせます。次に、理学療法士が手首の基本機能を回復させるためにリハビリテーションを行います。そして、作業療法士が手の動きをよりスムースになるよう編物、手芸、織物、陶芸、園芸などでトレーニング。2つの職種は、医療機関や在宅訪問等ではペアを組むことが多いので、お互いの連携がとても大切です。

「伊勢リハ」は、未来を担う理学療法士を育てます!

理学療法学科 4年制(定員40名)
本校は4年制の専門学校で、理学療法士のみの単科。医師や理学療法士の教員から、専門性の高い技術・知識を学ぶことができます。1学年40名の少人数制、きめ細やかな指導スタイルが特徴。学生全員が同じ目標に向かい、お互いに高め合いながらレベルアップできます。
授業風景
心・技・体の三位一体で、真のプロフェッショナルをめざす。
授業風景
理学療法士養成だけに特化した、単科の専門学校だからこそできる指導体制。
授業風景
独自のカリキュラムと指導方法で、確実に習得。

取得できる資格

●理学療法士国家試験 受験資格
●高度専門士(医療専門課程)
●大学院入学資格
●大学卒業資格(学士) ※希望者のみ

理学療法士は活躍の場がいっぱい!

リハビリの対象は子どもから高齢者まで幅広く、活躍のフィールドは医療・福祉・スポーツ・教育・研究など、幅広い分野に広がっています。

医療分野

医療分野
  • 身体機能が低下した患者さまへのリハビリテーション
  • 事故でケガをした患者さまへ、回復訓練や日常動作のトレーニング
  • 子どもには適切な遊び・運動で、学校や社会への適応をサポート

福祉分野

福祉分野
  • 高齢者の心身機能の維持管理、生活のサポート
  • 老人福祉施設・デイサービス・訪問リハビリなどに参加

スポーツ分野

スポーツ分野
  • スポーツトレーナーとして選手のメディカルケアを担当
  • 症状の程度に応じながら再発防止のアドバイス

教育・研究分野

教育・研究分野
  • 大学・専門学校などの教員として指導
  • 研究員として専門分野を研究