三重県認可の専門学校 厚生労働大臣指定の養成施設

お子さまがリハビリ業界を目指される保護者のみなさまへ ~受験検討編~

こんなお悩みをお持ちではありませんか?
・面談で初めて、お子様が理学療法士を目指していると知った
・子どもから「理学療法士になりたい」と相談された(けれど自分もわからない!)
・リハビリ業界について知りたい
・大学?専門学校?学校の選び方がわからない
国家試験って難しいんでしょう?うちの子大丈夫? 
……etc
学生を指導育成するだけが私たちの仕事ではありません。保護者のみなさまの疑問を解決し、不安と心配を取り除けるよう、尽力したいと考えています。そして、家庭と学校が両輪となり、ご本人の力を最大限に引き出し、夢に向かって加速していただきたいと思います。

理学療法士とは

医師や看護師の仕事はイメージしやすいものの、理学療法士、作業療法士、柔道整復師の違いとなると、難しいのではないでしょうか?
簡単に説明すると、理学療法士は、座る・立つ・歩くといった「動作」の専門家。作業療法士は、指を動かしたり、食事や入浴といった日常生活での必要な機能回復をサポートする専門家。これらは医師の指示の下で行われます。
一方、柔道整復師は、医師の診断は不要ですが、責任を伴う診断はできません。打ち身や捻挫、脱臼など限られた範囲の応急措置を行います。
理学療法士・作業療法士・柔道整復師の違い
理学療法士作業療法士柔道整復師
主な役割身体の基本的な機能回復をサポート日常生活活動で必要な機能回復をサポート応急処置中心
対象脳卒中、脊髄損傷、心臓疾患、呼吸器疾患など広範囲脳卒中、パーキンソン病、認知症、脳性麻痺など広範囲捻挫、打撲、骨折、脱臼などの限られた範囲
医師の指示必要必要限られた範囲内であれば、診断施術可能
独立開業できないできないできる
主な勤務先病院、介護老人保健施設など病院、介護老人保健施設、障害者福祉施設など接骨院・整骨院

学校の選び方とオープンキャンパス

理学療法士になるための学校は大きく分けて2つ。専門学校と大学があります。さらに専門学校の中でも、3年制か4年制かあるいは夜間かという違いもあります。いずれにせよ、各学校の教育体制や学習・生活環境、学費、就職先などの確認は必須。その際に活用したいのが、各学校が実施しているオープンキャンパスです。
施設見学や体験授業、個別相談、在学生との懇談など多種多様。教員や学生の雰囲気、周辺環境などを実際に「感じる」ことができるのでおすすめです。さらに、保護者参加可能な学校も多いので、一度足を運んでみるのも良いでしょう。社会経験豊富な保護者だからこそ、お子様とは違った目線で見えるものもあるのではないしょうか。

学校の違いについて詳細はこちら
専門学校のメリット
オープンキャンパスではこんなことも意識し、お子さまと話し合ってみましょう
・(自宅通学の場合)通学手段・時間
・(自宅外通学の場合)学生寮の有無、一人暮らしの場合の周辺環境や移動手段
・在学生の昼食事情(お弁当、コンビニ、スーパー、学食など)
・在学生はいきいきとしているか
・もし進級テストに合格しなかった場合はどうなるのか…など

オープンキャンパスの日程・内容はこちら
オープンキャンパス参加予約(別ウィンドウで開きます)