三重県認可の専門学校 厚生労働大臣指定の養成施設

学校外観

学校案内

学校長挨拶・理念

学校長挨拶

学校長
モットーは「人生、楽しく!」。
4年間で、医療人としての生きがいを見つけてほしい。


4年間の体験が、将来の大きな糧に。
勉強ばかりの4年間ではなく、海外旅行やアルバイト…教室では得られない体験を重ね、視野を広げてほしいと願っています。私は以前、電気も水道もない発展途上国で医師をしていました。設備がない場所でもリハビリで人を助けることができます。ぜひ行動範囲を広げ、理学療法士の新しい可能性を開拓してください。

「チーム医療」の中でプロとして活躍するために。
理学療法士には、医師などの各専門家と対等に話せるコミュニケーション力、患者さん1人ひとりの状態を判断する洞察力が必要です。その基盤となるものは、自分の意見を相手に伝え、新たな考えを生み出していくディスカッションの経験。本校では、講義で討論の場を多く設けたり、グループや1対1での口述試験を取り入れています。

地域社会の未来を支える理学療法士へ。
本校は、県内外の幅広い病院・施設と提携しています。高齢化・過疎化が進み、医療やリハビリが行き届いていない地区でも実習経験を積むことができます。学生には積極的に地域社会の問題にも立ち向かってほしいですね。私のモットーは「人生、楽しく!」。ぜひ4年間で学ぶ楽しさを味わい、医療人としての「生きがい=楽しさ」を発見して…医療人にとって一番大切な「患者さんを思いやる心」を身につけてください。

田邊 穰 略歴

名古屋大学医学部修了。発展途上国の医療に関わるなど、海外勤務経験も豊富。長年の臨床生活後、愛知県の衛生部長(現・健康福祉部)に。以後、大学・専門学校の教壇に立ち、新学部設置にも携わる。2007年より本校の学校長兼『伊勢志摩中央リハビリテーションセンター』の施設長に。

理念

教育理念 心・技・体
医学が発達しても、薬や手術では治せないことがある…リハビリテーション医療は、超高齢化・少子化時代を支える医療技術です。本校の理念は『あたたかい心・確かな技術・つよい体』。それは、理学療法士として病気やケガをした人たちへの思いやり、現場で活躍できる即戦力、スポーツ活動などで自身の健康な体をつくること。技術だけでなく、心と身体もみがきながらプロの理学療法士を目指せる学校です。
国家試験合格を目指し、理学療法士として活躍するために…相手に対する思いやりの心、自分自身の強い心を養う4年間です。
医師や理学療法士による現場レベルの教育により、専門性の高い技術を習得。多くの臨床実習経験を積み、実践的な技術をみがきます。
仲間とスポーツを楽しめる環境があり、一生の宝となる強い体を養うことができます。