整形外科について

整形外科について

整形外科で扱う疾患は多岐にわたります。一般に四肢及び体幹の外科と言われていますが、背骨、手、足など全身の運動器官の病気や外傷(ケガ)を専門としています。
腰痛や肩こりなど日常誰でも経験する病気から骨折、捻挫、打撲、切り傷などよく見られる外傷(ケガ)、関節リウマチや加齢に伴う変形性関節症などの慢性疾患、それと最近問題となっている骨粗しょう症の診断治療を行います。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目標としています。
それぞれの疾患に対して分かりやすい説明を行い、診断治療を行います。必要に応じて専門病院も紹介しております。

整形外科の対象疾患
切り傷 擦り傷 打撲 突き指 骨折
テニス肘 野球肘 ジャンプ膝
捻挫 肉離れ
四十肩 五十肩
首が痛い 腰が痛い
関節を動かしにくい・痛い 
手足がしびれる
歩きにくい つまづきやすい
症状別に診る代表的な疾患(対象疾患)
症状             主な疾患
首の痛み、肩のこり 頚椎症、頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニア
肩の痛み 肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症 、腰部脊柱管狭窄症
足の痛み 痛風、扁平足、外反母趾
肘の痛み 上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎(テニス肘)
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)
手、手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手の痺れ 頚椎椎間板ヘルニア、手根管症候群、肘部管症候群
足の痺れ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症

リハビリテーション科について
リハビリテーション科とは、主に骨、関節、筋肉、神経の異常にもとづく患者さんを対象として、医師の診断のもと、薬物療法、運動療法および物理療法を実施している診療科です。
すなわち、疾患に応じた移動、身の回りの動作、コミュニケーションなどの障害に対して、失われた機能の回復を促し、患者さんが家庭復帰や社会復帰、生活の質(QOL)の向上ができるように支援しています。手術後や疾患の増悪して間もないころであれば、当院で運動器リハビリテーションを受けることが出来ます。

運動器リハビリテーションについて
運動器リハビリテーションとは、運動器疾患を持った人々に対して、運動療法(ストレッチや筋力強化など)や物理療法、装具療法などを用いて、身体的機能や生活、就労上の問題等の改善を図っていきます。
医師の診断のもと、専属理学療法士が患者さんの評価を行い、個々に適した治療プランを立てて運動プログラム(ストレッチ、筋力トレーニング)を提供いたします。

運動器とは?
骨、関節、筋肉、神経などの身体を支えたり、動かしたりする組織器官の総称です。
「運動器」に関する疾患としては、骨折、変形性膝関節症、腰痛、頚部痛、肩痛、スポーツ障害などがありますが、それらは仕事や日常生活、スポーツ動作を困難にし、私たちの生活の質(QOL)を低下させる大きな一因となります。